このブログはソーシャル・コーチング・センターの活動記録です。

お問い合わせは、SCCホームページまでお願いします。
講演・体験セミナーのご依頼承っております。

2011年05月22日

2011年 親子コミュニケーション 〜伝える、伝わるコミュニケーション〜

親子コミュニケーション
〜伝える・伝わるコミュニケーション〜
2011年5月15日・5月22日



ゆうき澄江です。
毎年恒例となりました、野田塾主宰「親子コミュニケーション」講演、
今年も無事終了しました。

009.jpg

3月11日に起きた東日本大震災。
あたりまえのように過ごしていた家族が、
一瞬にばらばらに。
この出来事を目の当たりにし、私たちは「命」「生きる」「希望」「傲慢」
など、とても大切なkとを、問われているような気がしてなりません。

そして、
子どもを持つ親として・・・

今、子どもたちに何を伝え、一緒に考えるときなのか。
今、子どもたちに何を残していけばよいのか。
そんなことを考える日々が続いております。

今年度のテーマは、
「想いを伝える」そして「想いが伝わるコミュニケーション」。

そのヒントをお伝えさせていただきました。


100523 野田塾講演 1.jpg

毎年多くのご父兄の方にお目にかかれますことをとても楽しみにしております。

そして、昨年から、
「質問」を取り入れながら、参加型の講演形式にさせていただいています。

ご夫婦にて参加の方。
ちょっと照れながらも、向き合っていただきました。

110515 津島.jpg



本当に、ありがとうございました。


2010年11月16日

練馬倫理法人会様にて、モーニングセミナー終了

経営者モーニングセミナー
in練馬区倫理法人会
『答は、自分自身の中にある』〜質問の力を体感〜
2010年 11月16日 担当ゆうき 澄江



倫理法人会様といえば、朝6時30分からです。
私も寝坊しないようにと、会場ホテルにて前日入り。

当日は、みなさんのとてもお元気な雰囲気に、
私まで、元気になりました!


「スタッフの心に火をつける」
ということで、社員さんのモチベーションをあげるにはから、
「魔法の質問」を投げかけさせていただきました。



和気藹々とした雰囲気の中、
終了することができました。

本当に、ありがとうございました!!

その後は、朝食。


皆さまから、熱心にご質問をいただきました。



それにしても、
樋口会長の美しさには、びっくりです。

2010年06月03日

刈谷病院にて「コミュニケーション研修」

6月3日、医療法人 成精会 刈谷病院 にて
コミュニケーション研修を行ないました。


2時間という短い時間でしたが、とても楽しい時間となりました。


神経科・精神科の先生や看護師の皆様にご参加いただきました。

IMGP1863圧縮.jpg


体育館のような多目的ホールに椅子を並べて行なったの
ですが、最初に皆様と向き合った瞬間に、私はある種の
とまどいを感じました。


IMGP1859圧縮.jpg

皆様の心のパワーがとても強かったからです。


心のパワーとは、その人の「心」そのものが放つ光の強さ
のようなものです。

それが強ければ強いほど、私達は「あたたかさ」や
「居心地の良さ」「快適さ」を体感します。


「なんて明るく、あたたかな皆さんなのだろう」と、
とまどうくらいに驚いたのです。

そして、「こんな皆さんに、コミュニケーションについて、
私がお伝えする必要なんてあるのだろうか?」
とさえ思いました。

しかし、「いや、こんなに素晴らしい皆さんだからこそ、
いつものようにお話しをすればよいのだ」と思い直し、
私共コーチがいつも大切にしているコミュニケーション
の原理原則と、最も基礎的なスキルをご紹介しました。

研修が進むにつれて、皆様の「あたたかさ」はさらに
私を包み込んでくださいました。

2時間はあっと言う間に過ぎました。


今回は特にアンケートは取りませんでしたが、終わった後
で何人かの方々から、ご丁寧に感想をいただきました。


「私はよく患者さんのお宅に出張することが多いのですが、
その時に活かせるお話でした。」

「私達がいつも何となく大切にしていたことを、体系立て
てお話しくださり、頭の中がとてもスッキリしました。」

「とってもわかりやすく、腑に落ちました。これからの
自分の行動の参考になります。」
・・・等々。


目を輝かせながらお話しいただくそのお顔がまた、とても
あたたかく・・・。

幸せな時間でした。

文責:たけうちなおと

2009年06月17日

尾張西青同 「スキルアップ勉強会」

尾張西青年同友会 「スキルアップ勉強会」第一回
「コーチング」〜信頼されるとは? 
真のコミュニケーション〜 講演報告
担当 加藤 澄江   アイプラザ一宮にて
2009年5月20日17:45〜21:30


このたび、私も所属しております、愛知中小企業家同友会の
尾張西青年同友会スキルアップ委員会さまより、
ご依頼があり、

「コーチング」〜信頼されるとは? 真のコミュニケーション〜
のお話をさせていただきました。


17時45分開始と、なかなか厳しいなか、40名以上の方に
お集まりいただきました。

ありがとうございます!
熱心にメモを取っていただきながら、進めることができました。


もっとも大事な原則から、基礎的なコミュニケーション法を
お伝えし、簡単なセッションも。


このあとは、SCCの卒業生でもあり、スキルアップ委員長
でもある、木全裕子さんが月一回のペースで、
「コーチング勉強会」を開かれるそうです。

継続は力なり。


社員さんと、家族との信頼関係ためにぜひ、活かしてください。



ありがとうございました。

2009年06月13日

「アカ落としコーチング」2009.5.13・6.13

「アカ落としコーチング」3時間コース
5月13日・6月13日 開催報告
担当 加藤澄江 inSCC



ソーシャル・コーチング・センターにて
2009年春の「アカ落としコーチング」3時間コースを


★ ☆  初企画 ☆ ★  として開催しました。

090613 アカ落とし講座 2.JPG
↑ ↑ ↑
(ご夫婦でご参加していただいた方もみえます)


感想など、詳しくは
「セルフコーチング講座」ご案内
ブログにて。



「アカ落としコーチング」は
一対一コーチングでは行うことはありますが、

グループコーチングで開催は初めてです。


「アカとはなにか」
「なぜアカおとしなのか」
「人生を創ることとどう関係があるのか」


ついつい加藤は熱弁。
そして、
後半は楽しくシートづくり。

090513 アカおとしシート.JPG


笑いあり、気づきあり・・・


書き出すだけで思わぬ発見もあるものです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『知っている』
  と
『やっている』

とは、

大きく違います。



書き出せばいいのは知っているけど・・・

という方、
ぜひ、皆で楽しく「書き出しましょう!!!!」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そして、
人生のエネルギーを高め、

自分の人生を創造するはずみをつけましょう!!!



「ねがいのもと講座」3時間コース
「一文字コーチング」

そして
「アカ落としコーチング」

この不況のときだからこそ、



★ ☆  自分の生き方を整理してみませんか? ☆ ★


===== 次回の 開催お知らせ =======

10月6日(火)・11月10日(火)
11月15日(日)・12月7日(月)
10:00〜13:00

只今、5250円⇒5000円です

========================


これからも、「やすらぎと笑顔の和を広げる」をテーマに
「自分を生きる」ための、
楽しいコーチングを企画しますね〜〜〜。


お楽しみに!!!!

2009年06月01日

「親子コミュニケーション」講演報告

お子様と楽しく心を開く会話術
「親子コミュニケーション講座」 講演報告

担当 加藤 澄江   IN 野田塾 千種校・津島校
2009年5月24日5月31日 10:00〜12:00



5月24日(日)、野田塾千種校にて、
5月31日(日)、野田塾津島校にて、


2週連続、2時間の講演を行いました。

千種校は、2005年より毎年年一回開催され、早いもので5回目となります。

090524 千種2.JPG


そして、津島校では初めての講演でした。

090531 津島1.JPG



今年度もどちらも、100名様以上のご父兄の方のお申し込みがありました。
ありがとうございました。


「子どもたちにやすらぎと笑顔の和を広げる」
この想いから、毎年春に「あたたかさ」をテーマに「母と子のコーチング講座」6回コース、
そして秋に「可能性を伸ばす」をテーマに10回コースを開催しております。


今回はそれぞれのコースからエッセンスをお伝えしました。

講義の際は、熱心にメモをとっていただけ、
さらに、
エクササイズにおきましては、
お父様も積極的にご参加していただけました。

090531 津島2.JPG


とても活気のある2時間となりましたこと感謝しております。


今年の春6回コースは、
*6月5日(金)千種校
*6月10日(水)津島校と開催いたします。

多くのお母様とともに学び続け、
子どもたちとともに、幸せの和を広げるために、
スタッフ一同力を合わせて参ります。

ぜひ、ご参加くださいね。

2009年05月31日

2009年春「ねがいのもと講座」3時間コース開催報告

「ねがいもと講座」3時間コース
3月〜5月 終了報告
担当 加藤澄江 inSCC



090413 ねがいのもと 1.JPG
  ↑ ↑ ↑
(自己分析シートを作成。お持ち帰りしていただけます)




ソーシャル・コーチング・センターにて
2009年春の「ねがいのもと講座」3時間コースを
10回開催しました。

詳しくは
「セルフコーチング講座」ご案内
ブログにて。


「ねがいのもと講座」3時間コースは、
「ねがいのもと講座」コア3時間7回コースのエッセンスを
ギュッと詰め込んだものです。

昨年から30代〜40代の女性の方にも受けていただきたい
という想いから、
お手軽な3時間コースを開催しております。

090413 ねがいのもと 2.JPG
  ↑ ↑ ↑
(休日は男性も参加されることもあります)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「自分の人生を生きる」
それが、もっとも心がやすらぎ、楽で自然体な生き方。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

けれど、
人は、いつのまにか
「こうあるべき」
「こうでなければいけない」
「こうしか生きられない」

と自分で自分を縛る生き方を学んでしまいます。


そして、
あるとき、
「このままでいいのだろうか?」と素朴な疑問を持ち始めます。


「もっと自分らしい生き方があるのでは」
「なんだか苦しい」と。


それが、30代から40代の悩みでもありますよね。



幸せになるために、
ここまで物事を選択し、日々過ごしてきたのに、

いつのまにか、
どこへ辿りつくのか分からなくなってしまった自分の人生。

「こんなはずではなかった」とへ辿りついてしまった人生。



そんなとき、ぜひ受講してもらいたいのが、「ねがいのもと講座」


これから、何を軸にして生きていけばいいのか迷い始め、
「生きる」を真剣に考えたいと思っている方

にぴったりのコースです。


090409 ねがいのもと.JPG
↑ ↑ ↑
(熱心にメモをとっていただいています。)



*自分を見つめることができた
*これを大事にしていこうってわかりました
*すっきりしました
*あとは実行するだけです


など、たった3時間なのに気づきを深めていただいています。



次回は秋開催です。


====次回のお知らせ===========

8月8日(土)・8月22日(土)
9月9日(水)・9月12日(土)
9月26日(土)・10月4日(日)
10月18日(日)

10:00〜13:00  (同内容です)
今なら、5250円⇒3150円とお得です。

======================


多くの方へ「自然体」で
「やすらかに生きる」のお手伝いをしたいと願っております。



2009年05月28日

「母向けワンコイン講座」〜伝える〜2009.5.27

母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜伝え方〜開催報告
2009年年5月27日 IN SCC



2009年5月27日に、「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜伝え方〜が
ソーシャル・コーチング・センター セミナールームにて開催されました。
この講座、今回が6回目です。

「聴き方」から始まり「質問」
そして今回は「伝え方」のコーチングスキルをお母様方と一緒に学んでいこうと、
私たちスタッフも毎回真剣に準備をして臨んでおります。

そのかいあってかこのワンコイン講座は、
昨年12月の開催以降みなさまの参加がどんどん増え、
今回もほぼ定員の13名という大好評の講座となっています。


学校行事もさることながら、
仕事に家庭のご都合にと毎日お忙しいお母様方が、
2時間という限られた時間の中で熱心に学ばれている姿勢に、
スタッフ一同とても感激している次第です。


5月の担当インストラクターは、「ヴィク」こと 藤吉 実起。

090527 ワンコイン 講座風景.JPG090527 ワンコイン 講座風景.JPG

そしてアシスタントは、「てんこちゃん」こと、太田 典子。


  今回のテーマは 「伝え方」 です。

私たち母親から、子どもたちに伝えたいことってたくさんありますよね。

日常のささいなことと言えば、
例えば「寝る前には歯をみがこうね。」とか「何でも食べようね。」など。
または子どもの未来を想って、「人には優しくしていこうね。」とかいうように、
私たち母親から伝えたい想いや願いがあると思います。

そして、
そんな想いや願いを子どもたちにちゃんと受け取ってもらいたいですよね。

では、
その想いや願いをどうやって伝えていったらいいのでしょうか?

まずは、日頃無意識に使ってしまっている 
“否定言葉” に意識をおいてみようというところから始まりました。

090527 ワンコイン ホワイトボード.JPG



また、
今回は、実際にパソコンを使ってソーシャル・コーチング・センターのHPと、
子育てブログのページをご覧いただきました。


あっという間に時間は過ぎ、最後にはお母さま方から質問も飛び出して、
みなさんの一生懸命に取り組んでおられる様子がとても印象的でした。


詳しくは、以下のブログにてご覧ください。
「子育てコーチング」ブログにて。
     ↑
こちらをぽちっとお願いします

以下感想です。

======感想=======

1.本日 参加してみて、何か気づいたことはありましたか?
*具体的につかうことが効果的。 自分の気持ちも一緒につたえる。

*具体的に伝えるには自分がどうしたいかわかっていないと伝えられないと気づきました。

*肯定言葉を意識して使っているのですが、同じ言葉を使いつづけているのに子供が直してくれないと
けっきょく否定言葉に戻ってしまってゆきづまっていましたが、皆さんと話してみて、まだまだいろんな肯定言葉のバリエーションがあるのにきづきました。

*否定言葉を肯定言葉に変えると伝わり方がちがってきて相手にやる気をおこさせたりできる

*お子さんの年齢によって、反応、言葉かけの違いがあり、またいろいろ学ばせてもらいました。
皆さん、子供のことに一生懸命だなとかんじました。

*まだまだ否定言葉を使っているお母さん方が多いということがわかった。
(いやみなことばにもなっている)

*今まで色々伝えてきたつもりでいましたが、きっと伝えられなかったから、今の状態だなと思いました。
今まで私が伝えてきた事は、私の感情ばかりだったと思い反省しました。

*子供が「気づく」ために、あたたかくなる言葉をたくみに使い、もっとよい親子関係をきづいていきたいです。

*否定言葉で、自分が何か言われたらどう思うか、考えて下さいといわれドキッとしました。
否定言葉は、その行為だけではなく、その人を否定してしまうような言葉と気づきました。
そして肯定言葉は、チャンスを与えてくれる言葉と思います。子供が「もういやだ」と思わず「また、やってみよう」と思えるような肯定言葉を考えて使っていきたいと思います。

*「早く寝なさい」「早くしなさい」と日頃言っていることは、「夜、寝るのが遅い」「時間がギリギリ」という現象を直してほしいという親の思いであるはず。しかし。なぜ、そう思うのか、そうすると良いのかを子供ときちんと向きあって、話しあってきていないことに気が付きました。
「伝え方」大切ですよね。

*子供に一生懸命に話していても伝わらないもどかしさを感じていました。
最近「あれ」「これ」「それ」たようしているかなー。具体的に言うことの大切さ再認識しました。

*私の性格の中に たぶん 物事をはっきりいいきらない、迷いながらの発言をしているので、具体的に言うと伝えることの大切さに気がつきました。
自分が普段使っている言葉は、否定言葉の模範のようでした。
2.「これからやってみたいな。」と思ったことは?
*発言する前に、ワンクッション置いて、自分の発言が、どういう種類のものか考えたい。

*子どもひとりひとりにあわせた対応

*コミュニケーションの仕方を心がけていきたいです。 具体的に肯定言葉で。
子どもだけでなく他の人にも。
自分自身に対して肯定的になっていけば相手(子ども)にも肯定的な声かけができる気がする。

*肯定言葉を使い慣れる、肯定ことばのレパートリーを増やす。

*やはり「具体的」に伝える、のを心がけると子どもに伝わりやすいと思うのでシンプルに具体的に、伝わる言葉を意識していきたいです。

*今日学んだ事をとりあえず実行する。

*子どもにとって、個人を尊重しながら、母親として、サポートし続けたいと思います。理由を加えて、具体的に伝えていきたいと思います。

*子供の力を信じたいです。主人にも肯定言葉で接したいなとおもいます。

*感情的になった時ほど否定ことばを使う傾向にあるので感情的になった時ほど冷静になる。感情的になった時ほど肯定ことばを使う
感情的になる→ Aまず冷静になる→ Bおちつきが戻ったら肯定言葉を発する
おこったり、注意したりする前に、自分が言われた時のことを考え、一呼吸おいて、肯定言葉を使えるように言葉を選んで伝えたいと思います。

*一から、じっくりと子供の考えを聞いて「子供の気付き」が起きるようにコーチングしてみます。
そして、これからは、自分自身にもあてはまることなので、自分を律して直して行く。そして「一緒に改善に向けてチャレンジ」していきたいと思います。

*毎日否定言葉の連発だったので、これからは肯定言葉をいっぱい使って子どもに自信をもたせるような言葉かけをしようと思います。
私自身も言葉の変換に頭を使う事によって、頭の体操にもなって、一石二鳥です!!(笑)

*一呼吸おいて言葉かけ ワンクッションおいて肯定言葉を具体的に言う。
  わすれず、 今日だけでなく、 続けなくてはね!
肯定言葉をさがしてやりつづけることそしてつづけるよう努力していきたいと思います。

*物事をよく考えること、考えたことをメモをとってみようと思いました。

* 私がはっきりしないのは、途中で考えることをやめてしまうからだとおもったからです。
それとともに肯定言葉に変換することも覚えておきたい、日頃から意識して使っていきたいです。

3.その他 (感じたこと 思ったこと ご自由にお書き下さい。)
*否定言葉で子供をおいつめず、子供の心に寄り添って子育てをしていきたいとおもいます。

*「冷静なときにいいなれている言葉を身につけておくと、感情のコントロールがきかなくなったときでもとっさに肯定言葉にできるようになる。」
あきらめず、なげださず、こんきよくつづけることが大切。

*できないことを知るより、できる方法を考える方が楽しいので子どもと同じく感じるのではないかと思う。

*1度習ったスキルでも使えないものがたくさんあると毎日、ワンコイン講座やメルマガで反省させられます‥‥ このような時間をありがとうございます。

*やっぱりコーチングっていいですね。 次を楽しみにしています。

*参加している人の中で日頃肯定言葉をつかってもなかなかきいてもらえないという人がけっこういて、
自分の子どもも多分本人はわかっているのに行動がともなわない事があります。みなさん同じ事とで悩んでみえるんだなと思いました。
再認識することがたくさんあり、自分を見直すことができました。
こういう場を作っていただき、ありがとうございました。

*否定言葉撲滅運動!
私は今日から一切否定言葉を使いません。 今日から肯定言葉を使うことを完璧にします。!!(ウサギマーク)

*毎日バタバタして、゛今゛をこなすことがせいいっぱいですが、言葉の使い方で、自分にも、子供にも、ゆとりが出来るんだな、と思いました。
肯定言葉が習慣になるようにしていきたいです。

*私自信すぐに忘れてしまうので、子どもも同じだと気づきました。忘れる前に子どもたちにも伝え続けなければいけないとおもいました。
私がめんどうだから、自分達でいいかげんに気付いてやりなさいと思っていました。母親なので、一息つきたい事ばかり考えていてはダメですね‥。ここに来ると反省出来ます。

*あっという間の2時間でした。
おちついて時間のあるときに、私の気持ちをつたえておきたいです。

*藤吉インストラクターにわかりやすく説明して頂き(例題など)よく理解できました。
ありがとうございました。

*カリカリしていた気持ちが、冷静にあたたかい気持ちになることができました。
やはり、私に必要なことがいっぱいのコーチングでした。ありがとうございました。
                       
====================================




せっかく学んだことを忘れないために、
そして、
一緒に楽しんで頂けるような講座を今後とも企画いたしますので、

ぜひぜひご参加くださいね。


2009年04月22日

「母向けワンコイン講座」〜質問〜2009.4.22

2009年4月22日
「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜質問〜開催



「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜質問〜開催報告

2009年4月22日に、
「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜質問〜が、
ソーシャル・コーチング・センター セミナールームにて
開催されました。

この講座、今回で5回目になります。

今回、ご予約の段階で一時は満席になった時もありました。
ありがとうございました。

残念なことにキャンセルがあり、
9名のお母様にご参加をいただきました。


自分の都合だけでは動けないというのが母親。
また、
春は特に子どもたちの行事やご家庭のいろいろなご都合が重なりやすい時期。

そんなお忙しい中、お時間を割いておいでいただいたこと、
スタッフ一同本当に喜んでおります。

ありがとうございました。

では、今回の報告をさせていただきます。
4月の担当インストラクターは、「SUN」こと、児玉陽子。

090422 ワンコイン授業.JPG


アシスタントは、「ナレ」こと、伊藤三枝子でした。

今回のテーマは 「質問」 です。

私たち母親は、毎日いろいろな質問を使いながら
子どもたちとコミュニケーションをとっています。
案外、無意識にしている質問もありませんか?
今回は、日頃無意識にしている質問を振り返って

質問の言葉から受ける印象について皆さんと一緒に考えました。


ワークシートも活用しました。
   ↓

090527 ワンコイン手元.JPG



詳しくは、以下のブログにてご覧ください。
「子育てコーチング」ブログにて。
     ↑
こちらをぽちっとお願いします


以下感想です。

≪感想≫
本日 参加してみて、何か気づいたことはありましたか?
*なぜと何の印象の違いが無意識になってしまっていた日常ですが、久しぶりのコーチングに緊張しながらも、
以前習ったことを思い出すことができ、やはり復習は必要なことだと思いました。
簡単のような言葉がけの「〜何?」ですが、実際意識すると難しいことですね。

*肯定質問と否定質問、私はいつも否定質問ばかりしています。いざ肯定質問にかえてみるとなかなか言葉が
出てきません。意識して使わなければ、と思いました。

*講師の話に抑揚があり、聴きとりやすかった。
とても話しやすい雰囲気でよかったです。

*質問は苦手なので、ここにフォーカスした授業がうれしかった。
ワークシート形式もっとやってみたい。たくさんの変換に慣れて日常でとっさに変換できるようにしたい。

*「なぜ」「どうして」は本当に攻撃的な言葉なんだなと思いました。変換するだけで、印象が変わったり、
会話の内容が変わったりするので、言い方が重要なんだと思いました。

*なぜ→なに の変換は昨年コアを受けた時、全然思いつかなくて困ったのを覚えています。
今日は…前回から気をつけていたことの1つだったので、ワークシートの記入は まぁできました。
でも、「〜なに?」を使って普段楽しい会話が出来るようクセになっているか?とふり返ると、
まだまだ合格点ではないことに気付きました。

*「なぜ」を家の中で連呼している自分にあらためて気付きました。

*「どうして」は、相手の気持ちを優しく聞き出す言葉だと思い、多用していた。

「これからやってみたいな。」と思ったことは?
*ひと呼吸おきながら、オウム返しをして落ち着いて会話してみようと思います。

*まずはオウム返しをして次の肯定質問を考えようと思いました。きっとはじめのうちは、
質問の言葉が思い浮かばずに、オウム返しばかりになってしまうかもしれませんが、
あとは回数だと思うので、ぜひやってみたいと思います。

*どんなことがやりたいか、いろいろなことをどんどん話してくれるように会話したい。

*やわらかな口調で自由自在な変換。

*慣れるまでには時間がかかると思いますが「なに」「どんな」「どのように」を使って自然な感じで
コミュニケーションがとれるといいなと思います。

*せっかく今日スキルを再確認できたので、変換、オウム返し等々、良い親子関係のために、忘れずやりつづけたいと思います。

*「なに」「どんな」「どのように」に変換できるよう努力していきたいと思います。

*ことばの変換を心がけながら、子どもと会話したい。

その他 (感じたこと 思ったこと ご自由にお書き下さい。)
*例えば子どもが「野球やりたいな!」と言った時、親の頭の中では、いろいろな想定がうかんでくるものだと思いました。
瞬時にその想定(自分の枠組み)の中から無意識に子どもに質問をしているのだと思いました。

*なぜ?どうして?の質問を他の人とやってみると、相手が嫌な気分になるだろうから、これ以上やってはいけないと思うのですが、
自分の子どもにはそんな事も考えずに平気で使っている自分が母親としてはずかしくなりました。気づいた事をきっかけに言葉を意識していこうと思います。

*原点に戻れたようで、自分を見直す機会を作れたと思う。

*親子のみならず、全般で使えるようになりたい。

*はじめの答えに対して、一度返すまではいいのですが話が進むにつれて何を質問したらいいのかに困ってしまいました。
まだまだ話をきく集中力が足りていないような気がします。

*今日も有意義な時間をありがとうございました。
きっと今日は(も?)娘と楽しい会話が出来ると思います!

*今日は、どうもありがとうございました。
児玉インストラクターさんは、大変わかりやすくて良かったです。

*質問の変換が、日常生活でなかなか難しいので「なに」「どんな」「どのように」と書いて、自分の目につき易い所に貼っておこうかなと思いました。

*今日の講座の内容は、とても衝撃的でした。受講内容を子どもとの生活に反映できるように心がけたいと思います。

2009年03月19日

「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜聴き方〜開催

2009年3月18日
「母向けコーチングスキルワンコイン講座」〜聴き方〜開催報告
担当:佐藤真奈美・大橋直子・鈴木万里子


090318 ワンコイン.JPG


2009年3月18日に、
「母向けコーチングスキルワンコイン講座」 〜聴き方〜 が、
ソーシャル・コーチング・センターセミナールームにて開催されました。

この講座もはやいもので第4回を迎えました。


詳しくは、以下のブログにてご覧ください。
「子育てコーチング」ブログにて。
     ↑
こちらをぽちっとお願いします


今回は14名のお母様。ほぼ満席。
「ワンコイン講座」へ何度も足を運んでくださっている方、
また、初参加の方もお迎えしており、
私どもスタッフもうれしい限りです。 ありがとうございました。


今回は、数ある「聴き方」のコーチングスキルの中から、「オウム返し」一本に絞ってお伝えしました。


1.「聴く」ことの大切さ
2.スキルとしての「オウム返し」の説明
3.ペアを組み、「オウム返し」の練習

その様子は・・・
大変な盛り上がり。
皆さまのパワー炸裂・・・。
スタッフの「お時間ですから役割交代しましょう・・・」の
声はかき消され、 3分での役割交代は短かったようです( 笑 )。

あまりの盛り上がりように、
最後のフリート−クは延長して5分ずつ、
存分にお話ししていただきました。

皆さまの笑顔満載、笑い声いっぱいのご様子を拝見して、
スタッフ一同、もっともっとお子様との会話に活用していただきたいという想いが高まりました。



以下感想です。

■ □ ■ 感想 □ ■ □

●本日参加してみて、何か気がついたことはありますか?

 ・話し手の話をとってしまわず、聴くことに専念する大切さ
  話し手がもっと話したくなるために、オウム返しが必要だとわかった。
   
・簡単そうにみえるオウム返しですが、実際にやってみると難しいことがわかった。
   
・自分のコミュニケーションを反省した。(オウム返しが)すぐ実践できそうで、良かった。
   
・オウム返し、忘れていた。家に帰ったら、さっそくやってみようと思った。
   
・普段、子どもの話を真剣に聞いていなかったなと感じた。
子どもの最初の言葉に反応して、否定的な言葉を返してしまうと、
ほんとうに話したかったことが聴いてもらえずに、子どもは不満をためていたように思った。
   
・コミュニケーションは聴くことを常に意識していましたが、自分のことも解ってもらいたいんだと思っていることに、
気づいていなかった。 新しい発見が出来て、良かった。

・「家族で楽しかった思い出」と言われて話せなかったこと。う〜ん。

・オウム返しを意識化することにより、相手の話がしっかり聴けることができ、より良い信頼関係をつくる事が出来ると思った。

・子どもが話したいと思っている事柄の前に、自分の感情に触れた言葉に反応して、話を最後まで聴いていなかったことに気がついた。

・コミュニケーションの一番の基本は、やっぱり「聴く」と言うことがスタートなんだと改めて実感した。

・聴くことの大切さ。相手に気持ちよく話してもらうこと。

・コーチングに興味がある人が、結構多いんだなと思った。
皆さん、子育てを真剣に考えているようで、私も頑張りたいなと思った。
前回と今回で学んだ事を少しでも生活の中で使っていきたい。

●「オウム返し」をどのように使ってみたいと思いますか?
・上の子には少し使いづらいかもしれないが、下の子から、少しずつ、使ってみようかと思う。

・息子の気持ちを知るために使ってみたい。

・子どもが学校から帰ってきて、まず最初に話すことが、
彼のその日の一番話したいことだと思うので、そのときに「オウム返し」を使って聴いてみる。
「あなたの話を聴いているよ」と示して、より密な関係を築きたい。

・いつも心がけて、親子以外のお付き合いにも、ぜひ活用してみたい。

・子どもが会話をしていて、嫌がらないように使ってみたい。
とにかく、「相手の話をちゃんと聴いているんだよ」という態度でしてみる。

・やはり、子どもとの会話に使ってみたい。

・子どもの話に興味を持って、会話に使っていきたいとおもう。

・子どもに「オウム返し」を(なるべく)実践している。大人相手にやるのは難しかった。
しかし、聴くのは難しくても(自分が)話すのはすごくラクで、話しやすかったので大人にも、今後、練習していきたい。

・私は子どもの話に空返事をしてしまっていることも多いので、子どもが話し出したら「オウム返し」を意識する事で、話をじっくり聴くように心がけたい。

・春休み中の子供にイライラする日が多いので、常に(オウム返しを)頭に入れるようにする。
まずは、最後の言葉を返すように心がける。

・子供との会話で、子供の気持ちを聞きたい時。

・まずは、今日帰って来た子供たちに、頭上にオウムが乗っていると思って、ゆっくりオウム返しをしてみる。

・子供とのコミュニケーション

・子供がママが話を聴いてくれていると感じられるように、使いたい。
まず、相手の話をじっくり聴くことから始めたい。特に、主人とはよく口げんかになりやすいので、主人にも使えるといいかなと思う。

●その他(感じたこと、思ったこと、ご自由にお書きください)

・オウム返しの難しさを感じましたが、練習して少しでもできるようになりたい。

・初めてお会いしたメンバーの方も、母親という共通のものがあるのか、親しく話しやすく楽しかった。

・普段忘れていた事を、思い出させていただいた。
今日の講座の中で、私は話すよりも聴く方が好きなんだと思った。

・自分に余裕がない時、どうしても感情的になるので、オウム返しをすることで、自分の気持ちを落ち着かせることにも、活かせたらいいなと思った。

・講座に出席する事が、なにかのヒントになって、自分の気持ちに気づくことができた。
定期的なコーチングが必要ですね。コーチングから離れると、忘れてしまいがち。今日は、ありがとうございました。

・先日、子供の受験のための面接の練習をした。
 「困った時にはどうするのか」のQに「お母さんに相談する」のA
 「そういう時お母さんはなんと言いますか、どういうアドバイスが多いですか」の突っ込みQをしたら、
「<○○クンが思うようにすればいい。○○lクんらしく>と言います」のAでオオ〜〜〜〜〜〜〜っと感動してしまった。ちょっと自慢。
(Qは質問 Aは答え)

・約2ヶ月、講座をお休みしている間に、子供の受験、卒業があり、忘れかけていた事がたくさんあった。
コーチングを振り返るよい機会になった。

・昨年、6回シリーズのコーチングに参加させていただいたが、忘れちゃっている事も多くいろいろ思い出すことができた。
もう一度(6回講座の)レジメを見直したいと思う。

・無意識に行われている普段の会話を改めて反省。
しかし、2年前、親子の講座を受けさせていただいてから、少しずつ少しずつではあるが、スキルを活用する事で明らかに子供が↑変わった。きっと私が↑変わったのだと思う。
ありがとうございました。

・もっとコーチングについて学びたいと思う。

・話すことがへたなので、うまく話せるといいなと思う。

・少しの時間でしたけど、子供とのコミュニケーションを楽しくするやり方が覚わった。
インストラクターの話し方がわかりやすく、体験も出来て楽しかった。ありがとうございます。

・講師の方が誠実に話してくださったのが、とても好感が持てた。

●今回参加しようと思われた理由(任意)

・何度となく友人に誘われていた。来たい来たいと思っていたが、なかなか時間がとれず、やっと今日来る事ができた。

・子育てをしていて、コーチングに興味を持ったので。

・コーチングにかかわっていたいと思い、参加。

・高校3年生の長男とコミュニケーションがうまく行かないので。

・コーチングにふれたくて。

・生真面目で頑張り屋の子供が少年野球の試合がある前日になると体調不良を訴える。
本人はそのことに気づいていないみたいなので、もっと頑張れではなく、その壁を上手く乗り越えられるような言葉掛けをしたいと思い、参加。

・コーチング大好きだから。みんなも。

・「聞く」技術を身に付けたいと思っていた時に、コーチングの存在を知り、興味を持った。

・もっとコーチングを知りたいと思ったから。

今後の
〜「母向けコーチングスキルワンコイン講座」開催のお知らせ〜

●4月22日(水) 〜 質問 〜
●5月27日(水)〜伝える〜

もうすでに多数ご予約をいただいております。
満席が続いておりますので、
お申し込み希望の方は、お早めにお申し込みされますようお願いします。

また多くのお母様にお会いできますこと、を楽しみにおります。

ありがとうございました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。